低濃度オゾン脱臭とは?

  • HOME »
  • 低濃度オゾン脱臭とは?

オゾンとは…

空気中の放電などにより酸素原子(O)が3 つ結合した状態のもの(O3)で、強力な酸化作用を持つ気体です。オゾンは、海や山などの自然界にも普通に存在するもので、低濃度では人体に無害です。
酸化力により、ニオイの成分を分解する「脱臭効果」をはじめ、オゾン濃度によっては「殺菌」や「漂白」などの優れた能力を発揮します。

オゾン脱臭のしくみ…

オゾン(O3)は、ニオイの成分を化学的に分解することで、悪臭を元から解消します。例えば、建材の溶剤(シックハウス症候群の原因物質のひとつ)・塗料のシンナー・多くの科学物質に使われているトルエン(C6H5CH3)や、汚物臭となる硫化水素(H2S)は、オゾンと結合して二酸化炭素(CO2)、水(H2O)に分解し、徹底的に脱臭します。

ozoneimage

気体だから、脱臭効果が隅々まで…

気体のオゾンは、低濃度オゾンが空間全体に拡散する性質により、部屋の隅々まで行き渡ります。
また、吹出口より噴霧させることで迅速に拡散し、効果的に脱臭することができます。

「安全」「経済的」「手軽」なディプラント低濃度オゾン脱臭システム

安全」「経済的」「手軽」なディプラント低濃度オゾン脱臭システムは快適な環境をつくります。

安全

●確実に脱臭
天井面に設置されたオゾン発生器及びオゾン吹出口から低濃度オゾンを設定タイマーにより噴霧します。

●低濃度で安定供給
個別電気式TSシリーズは「プラズマ放電方式」を採用し、セントラル配管式DR/DQシリーズは「無声放電方式」を採用していますので、安定した低濃度オゾンを設置スペースに合わせて供給でき、安全機能も充実しています。

●環境的にも安心です
人と接する位置でのオゾン濃度は、海岸や森の中の滝の近くで発生するオゾンとほぼ同じレベルです。

経済的

●低ランニングコスト
空気中の酸素を原料とするため、他の脱臭方法に比べ消耗部品等が少なく、ランニングコストを抑えることができます。

●既存施設への設置も容易
TSシリーズなら配管工事も不要です。脱臭ポイントや規模に合わせて経済的に設置できます。

●「静音」「省電力」
TS8/TS8P型は21.6dBと静音化、2.5W/hと省電力化を実現。年間の電気代は約161円。(1台あたり)

手軽

●自動運転で手間なし
プログラムタイマーによる完全自動運転を実現。設置環境に合わせ、効果的に間欠運転を行います。

●停電にも対応
停電が起きた場合、復電後は自動復帰機能により運転を再開します。(TS100を除く)

●アフターケアーも充実
安全で効果的な運転を維持する為に、当社独自のメンテナンス体制を整備しています。導入・設置後も安心してご使用いただけます。
低濃度オゾン脱臭システムを安定的にご利用頂く為に、機器等のメンテナンスが必要です。
専門知識と経験を有したスタッフによるメンテナンス体制を全国にて展開しておりますので、メンテナンスのご相談はお気軽に販売店又は弊社までお問い合わせください。

低濃度オゾン脱臭システムのパイオニアとして

「ディプラント低濃度オゾン脱臭システム」は、オゾン発生機から配管により建物内の各スペースに吹出口を設け低濃度オゾンを供給し脱臭する、全館脱臭システムの先駆けとして開発されました。
人や動物がいる空間の脱臭に求められる安定した低濃度オゾンの調整及び供給技術の高さを、福祉関連施設をはじめとする全国1,900を超える施設で認識頂き豊富な納入実績に繋がっています。

検証1:99.4% の人が、「ニオイが改善された」と実感。

kensyo1水再生センター事務棟において、事務所内の臭気対策を目的に当社オゾン脱臭装置を設置。60 日間にわたる「感応テストによるアンケート評価」、「ニオイセンサ-での数値化による評価」実験を実施しました。
実験の結果、感応テストのアンケート評価で、99.4%の方から、効果があったとされる評価をいただきました。

 
検証2:臭気減少率約45%を実現。

kensyo2当社オゾン脱臭装置の個別電気配線式をご採用して頂きました某施設内おいて、オゾン脱臭による効果測定を行いました。
・外気は晴れ、気温5.2℃時
・オゾン噴霧20 分後に臭気を測定しました。
・臭気減少率は約45%を実現しました。

 
PAGETOP